白髪交じりのボクノカミ

白髪混じりな僕の髪。時折、メディアで見かけるサラサラヘアーでキューティクルな髪質のお兄さん達を眺めては、羨望の眼差しを向けつつ、いつも深いため息をついている。

ボタニカルエアカラーフォームの悪い評価の口コミや悪評などを徹底検証!

小学四年生辺りからでしょうか、髪に白いものが生えている事に気付いたのは。白髪を理由に周りにいじめられたりする事はなかったが、白髪は年を取って生えるのに何故僕は生えてるの?と、幼心に少し困惑していた。幸い、周りからは苦労している証だよ!将来お金持ちになれるよ!なんて、ポジティブなアドバイスを言ってもらったりしていて、今思えば周りに感謝である。

小学校卒業から大学卒業後までは白髪の増加は緩やかであったが、社会に出てストレスが一気に襲い掛かってくると、白髪は勢いを増して増えていった。鏡を見るたびに映る白髪に、いつも見て見ぬふりをしていたが、結局彼女に白髪を抜いてもらっていた。彼女も白髪の彼氏はイヤだったんだろうな…
その後、父が病気で入院、数年後に他界し、白髪の増加はピークを迎えた。どこを見ても白髪白髪。見ると鼻毛や髭まで白髪が混じっている。もうこれはおじさんではない、おじいさんではないか…もう僕は鏡を見るのがイヤになっていた。

自分に自信が無くなるんですよね、常に周りに見られているのではないかという意識に疲れて、更に白髪が増えていくという負のサイクル。精神は肉体に引っ張られ老いてしまい、心はアクティブな行動をすっかり拒んでしまっていた。プチ引きこもりの誕生である。働きたくねぇ、人に会いたくねぇ、自分に会いたくねぇ。
しかしこのままではイカンと、今まで素のままで生きてきて沢山の事を諦めてきた僕だけど、ついに白髪染めに手を出し今日に至る。仮初め(仮染め)の髪色だとしてもやはり心は落ち着くもので、着飾るというのは精神に安定をもたらしていた。見た目って本当に大事ですよね。

自分の拙い経験談ですが、もし白髪が気になり白髪を染めるか悩んでいる人は、思い切って染めてしまった方がいいですよ。見た目も心の持ち様も、色んな事が少し変わると思います。
結局、手を伸ばさないだけで自由はそこにあるだけなのかも知れませんね。