リバウンドが起きる原因

ダイエット経験者の多くが陥っているのがリバウンドです。そのリバウンドの原因について紹介します。
まずはホメオスタシスという恒常性と停滞期の関係です。人間の身体にはホメオスタシスと呼ばれる機能が備わっています。

http://www.irishballoonchampionships.com/

ホメオスタシスは簡単に言えば生体が変化を拒み一定の状態を維持しようとする働きのことです。多くの場合はダイエットを始めて暫くすると杯中が減りにくくなる停滞期を迎えます。これはホメオスタシスが働いているからで、ダイエット中に食事の摂取量が極端に減ると体が飢餓状態と認識し、少ないエネルギーをより効率的に利用しようと活動します。そして脂肪を蓄積しやすくしてエネルギーをなるべく消費しない様に素布が原因です。

次が満腹中枢への刺激の変化です。レプチンという脂肪細胞から分泌されるホルモンの働きです。食事をして栄養が体に取り込まれる時、脂肪細胞が膨らむとレプチンが分泌され、満腹中枢が刺激されることで人は満腹を感じます。ダイエットにより食事量が減るとレプチンの分泌量も減ってしまうので満腹感を得にくくなるだけでなく、脂肪も分解されにくくなることが原因です。

食事量を戻せばレプチンの分泌量も増えてきます。その間は満腹感を感じにくいため食事量が増えやすく、脂肪の分解機能も低下しているのでリバウンドしやすくなります。
以上の2つが主なリバウンドの原因です。