髪の悩みはたくさんあります。

元々は黒い髪色でしたが、年齢を重ねて白髪に悩むようになりました。
全てが白髪ではないので明るく染めるのは難しいし、カラーリングを楽しむ事もできません。
若い時はストレートで癖のない髪だったのですが、最近は毛先がうねるようになってしまい、とても扱いにくい髪になっています。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミ&レビュー!購入して使ってみた私の感想!

細くなり、傷みも気になるようになりました。
カラーリングで傷むのはわかっていますが、一月に一度は染めないと根元が目立つので染めない訳にもいかず困っています。
自分で染めても美容院で染めてもすぐに毛先の色が抜けてしまいます。
頭皮に問題があるのかもしれません。

髪は乾燥しますが、毎日シャンプーしないと頭皮はベタついて気持ち悪いので日々のシャンプーは欠かせません。
夏の暑い日には朝晩洗わないと頭皮が匂ってくるような気がします。
最近はグレーヘアーにする人も増えてきましたが、私は勇気がないので挑戦できずにいます。

やはり白髪は隠さないと老けて見えてしまうような気がします。
少しでも根元が白くなると、悲しくなってしまって頻繁に染めてしまいます。
もっと手軽に白髪をきれいに目立たなくする方法があるといいのにと思います。
細くてコシがなくなった髪を元気にしてくれるシャンプー等もあればうれしいです。

白髪染めをお洒落に!明るい色で素敵に

白髪は疲れて見えるのが悩みです。白髪を染める場合、昔は黒くするのが普通でしたが、近年は黒に限らないお洒落な白髪染めが増えてきました。http://www.georgetownsertoma.org/

美容院には白髪染めに多くの色が用意されています。その数、実に200色以上。豊富なバリエーションが楽しめます。白髪染めがマンネリ化している人は、美容師さんと話し合って、新しい色に挑戦してみるのも楽しいですね。

白髪染めをお洒落の一環として捉えたとき、挑戦したいのが明るいカラーです。ただし、白髪は黒い髪の毛に比べて染まりにくいという特徴があるので、注意が必要です。美容師さんとよく話し合っておかないと、白髪が染まっていないし、イメージしていた色ではなかったという状態になりかねません。明るい色にしたいのか、白髪をしっかり染めたいのか、どちらを重視するのかを、美容師さんにきちんと伝えておくことが大切です。

白髪を明るく染める場合、3つの方法があります。「一色染め」「ダブルカラー」「3Dカラー」です。一色染めは、ダメージが少ないのがメリットですが、色味の制限が大きいのがデメリットです。ダブルカラーは、色味の選択肢が多いのがメリットですが、ダメージが大きいのがデメリットです。3Dカラーはハイライトを使い、人と違ったお洒落ができるのがメリットですが、デザインが美容師さんのセンス次第という点が問題です。

丸坊主にしてみたらアララ・・・

少し前のことですが、コロナ過ということもあり密を避ける意味でも床屋には行かず、季節も夏だったので思い切って自宅でバリカンを使って散髪を試みました。どうせならこの際、何かと手間もかからない丸坊主にしてみよう!ということで妻にも手伝ってもらいながら、高校球児の頃に戻ったような気持ちでバリカンで刈り進めていたところ・・・

ボタニカルエアカラーフォーム

な・なんと・・・右側頭部・・・やや前方に・・・は?ハ・・・ハゲ?が出現したのであります。そう、円形脱毛症?が出現したのです。サイズは小さいものの何せ丸坊主なわけですからハッキリと分かります。今までも基本的には短髪でしたがそのような気配はありませんでした。いつのまに?一夜にして?なぜできた?そんなことを考えても仕方ありません。もう丸坊主にしてしまったのですから・・・

それ以降、外出時はサングラスを頭に乗せて出かけるかキャップを被って出かけるようになりました。さすがに育毛剤などは使いませんが早く髪が伸びて欲しいと思う日々が続いております。年齢のせいか白髪も随分と増えました。いっそのこと?ハゲ隠し&白髪隠しを兼ねて、中途半端な丸坊主ではなく剃ってしまうぐらい短くしようかしらって思ったりもします。。。