口臭予防は体内から意識改革を

口臭は、会話をしている相手に対して大変不快な思いをさせてしまうものです。また、大方の人は自分が口臭で相手に不快な思いをさせているということに気づいていない場合が多い様に思います。TVコマーシャル等でも口臭予防に関する様々なエチケットグッズ等が放映されております。そして、誰しも一度や二度は、グッズを購入して試したりしたことがあるはずです。

ブレスマイルウォッシュ

でもそういったグッズを継続して使用するには、比較的お金もかかってしまうので、ついつい途中で使用することをやめてしまいがちです。どうしたら口臭を根本レベル迄解決できるかというものを、誰しもが知りたいと思っているはずです。口臭の要因はいくつかありますが、歯周病等から発生したり、食べ物が胃の中に入っていたりするとどうしても臭いが出たりします。また、睡眠不足等疲れがたまっている時にも舌苔が舌の上について白くなり、口臭がいたします。 

効果的な口臭予防には、一時的には先に述べたようなエチケットグッズでも構いませんが、根本的なところから予防するためには、十分な睡眠時間をとり疲れを残さず、食事の後には2分程度の歯磨きをして約60cc程度の水でうがいをして舌苔を舌に残さないようにします。また、3か月に1回程度は歯科クリニックに通院して、歯垢をとってもらう等歯の健康について意識をすることでかなりの口臭予防ができるようになると思います。

口臭の抑え方 忙しい人向け

忙しい人ほど歯磨きが疎かになりがちです。

ブレスマイルウォッシュ

コロナウイルスで人と会う機会が少なくなり、会う時にはマスクをすることが常識になりました。

ウイルスとの出会いは以前の生活を一変させましたが、マスクの文化は今後も継続していくと予想されます。

しかしながら、親しい友人と会う機会や職場関係での接待はもちろん、コロナウイルスが収まれば増加します。

マスクをしていれば気づかれることがなかった口臭にもちゅうもくがいくようになります。

訪問の営業や販売業で洗面台のない場所では、歯磨きが出来ないこともあるでしょう。

そんな忙しい方ややむを得ない事情をお持ちの方にはずばり「ガム」をオススメします。

これは経験談ですが、タブレットの場合不十分です。

タブレットの場合は、口内に食べ残しが残ることが多く、それが原因で口臭が発生していると感じました。

歯に食べ残しがついていることも何度かあり、与える印象が不潔感として残ります。

その点ガムは、噛んで口の中を回ることでタブレットよりも食べ残しが残る確率が減り、結果的にガムが口臭を防いでいると感じるようになりました。

また、朝口の中が乾いて口臭が臭いと思う事もあり、ガムは噛むことで唾液が口の中にしみ出し、結果的に口の中の潤いも与えていると考えれば、圧倒的にガムが強いと感じます。

口臭に困っている方は是非市販のガムをお試しください。

味は頭がスッキリするミント系がよいでしょう。

口臭の要因となっていた鼻中隔湾曲症の手術

 私は生まれ付き鼻の中の軟骨が曲がっている、鼻中隔湾曲症という病気を患っていました。小学校低学年の時から既に花粉症アレルギーがあって、よく耳鼻科へ通っていました。その時にお医者さんより「鼻の骨が曲がっている」、「手術をした方が良い」と言われたことがありました。しかしそのことはうっすらとした記憶のみでしかありませんでした。

評判どう?ブレスマイルウォッシュを実際に使った私の口コミ&効果!

 昨年のコロナ禍により生活環境が一変した中で、自身の健康についても深く考えるようになりました。そんな時に、自身が口呼吸をしていることを認識しました。認識してからは、睡眠の質の悪さ、また喉の乾燥を強く自覚するようになり、日々の生活が憂鬱になってきました。ネットで口呼吸を調べると、百害あって一利なしであることが分かりました。私には大切に思っている人がいるので、口臭については特に気になってしまいました。

その人に会う時はたくさんミンティアを食べていました。これからも長い人生を生きると思うと、なんとかしたいと考えました。そして最寄りの耳鼻科へ行き、診察を受けました。マイクロスコープで鼻の中を見せてもらいましたが、確かに鼻の骨が左側に曲がっていました。そして左の鼻の穴はほとんど詰まっている状況を目で見て自覚することが出来ました。家族にも相談して手術することを決めました。

紹介状を書いてもらい、手術先の病院で基礎検査やPCR検査を行いました。数回の通院を経て、遂に先週1月4日の月曜日に手術を行いました。手術内容は全身麻酔で鼻の中から軟骨の切除となりました。術後は1週間の入院で止血を行いましたが、入院中の段階で既に鼻の通りが最高に良くなっている実感をしていました。現在は退院して1週間立ちますが、口呼吸から鼻呼吸に切り替えることが出来ています。

口の中の乾燥の実感もなくなり、口臭も少しずつ気にならなくなってきています。
 私も38年間口呼吸で生きてきた事から、なかなか自覚出来なかった部分ではありました。しかしコロナ禍という中で気付くことが出来、これからの長い人生をストレス軽減させながら生きていけると思うと本当に嬉しく思います。